» ハーブ染色の魅力

ハーブ染色の魅力

化学工業が発展をすることによって、染料の使用のされ方がずいぶんと変わることになりました。
特に、天然の色素として使われていたものは、そのときにはほとんど使われなくなってしまったのです。

その理由には、合成着色料のほうが鮮明に色を出すことができ、さらに着色力も強くすることができるので、そちらのほうが便利だったのです。
ハーブでの染色は、天然素材を用いての染色ということができます。
天然素材による染色の場合には、合成着色のように鮮明に色を出すことは難しいといえます。
しかし、天然素材での染色のほうが、絶妙な色合いをつくりだすこともできるのです。
もちろん、その素材となるハーブが収穫された時期や場所によっても、色合いは変わってくることになります。
だからこそ、独自の色を出すことができたという特徴もあります。
合成着色料に比べてハーブの染色が劣っているとは一概には言えないのです。